ヘッダー画像

交通事故と自動車保険の補償の関係

交通事故と自動車保険の補償の関係

自損事故と保険の補償

余所見をしていてぶつかった、車庫入れを失敗してブロックにぶつけてしまった、カーブを曲がりきれずガードレールに衝突した……このような自分の不注意(過失)によって起こる事故は自損事故と呼ばれています。


国から加入が義務付けられている自賠責保険は同乗者への慰謝料は発生しますが、加入者の損害やマイカーに対して補償はされません。

つまり自損事故は補償されないのです。


そんなこともあってか、自損事故を起こすのは自分が悪いからであり、自損事故治療は全部自分で支払わなければならない、自損事故治療に保険は使えないと思い込んでいる方は大変多いようです。


しかしながら、だいたいの任意で加入する自動車保険に加入している自動車が自損事故を起こしてしまった場合、身傷害補償で自損事故治療費をカバーできると考えてよいでしょう。


ただし、基本的に補償内容は人身傷害補償保険の方が自損事故保険(単独事故のみ補償)よりも広くカバーする内容となっており、自損事故の内容が自損事故保険と人身傷害補償保険の両方の補償対象に該当する場合は、人身傷害補償保険から優先的に保険金が支払われることになっています。